腸内環境とダイエット

サプリメント

ビフィズス菌で体質を改善

肥満を防止するには適度な運動と食生活の改善が効果的ですが、このうち後者はカロリーやコレステロールの摂取制限という観点ばかりが強調されがちでした。しかしながら最近では腸内環境と肥満との関係について解明が進んでおり、肥満を増長させる悪玉菌と抑制する善玉菌の存在が明らかとなっています。腸内で悪玉菌が増えすぎると不必要な栄養素まで多く吸収してしまい、脂質代謝が促進されて肥満の原因となります。こうした腸内環境の悪化を原因とするタイプの肥満を防ぐには、悪玉菌を減らして腸の環境を整えてくれる善玉菌を増やすのが効果的なのです。人間の腸内に生息する善玉菌のうち99%以上ははビフィズス菌が占めており、一般の乳酸菌は1%未満に過ぎません。ビフィズス菌は乳酸菌と同様に乳酸を作って腸内を酸性にするだけでなく、強い殺菌作用を持つ酢酸も生成するため悪玉菌を減らす働きをしてくれます。ダイエットを目的として腸内のビフィズス菌を増やすには、ヨーグルトや飲料からの摂取に加えてビフィズス菌サプリも効果的です。脂質代謝の改善作用を持つタイプのビフィズス菌も見つかっており、そのような種類のビフィズス菌をサプリメントで摂取すればダイエット効果が高いと考えられます。肥満体質の改善とダイエットを目的にそうしたビフィズス菌サプリを購入する際には、ビフィズス菌の選び方も重要になってきます。ビフィズス菌は偏性嫌気性菌で酸素の存在する環境は苦手なため、食品から摂取しようとすると腸に届く前に死滅してしまうのです。ビフィズス菌サプリの中には酸素に強いタイプの菌を配合した製品もありますので、そうしたサプリメントを選べば生きたまま腸に届きます。このようなビフィズス菌サプリのダイエット効果を実感するには、継続的に飲み続けることが欠かせません。ビフィズス菌が腸内に定着して悪玉菌を減らし、肥満体質を改善させるにはある程度の時間が必要なのです。

Copyright© 2018 HMBのプロテインでかっこいいボディへ【安全性も高く安心】 All Rights Reserved.